俺にはこの暗がりが心地よかったの紹介

ファンタジー

本日は星崎崑さんの「俺にはこの暗がりが心地よかった」を紹介したいと思います。

連載中で私が読んでる時点では157話まで進んでおり、良い感じのペースで投稿してますのでスキマに時間に読んで追いつけると思います。

イケイケの主人公が好かない人や俺TUEEEに抵抗がある方、

理不尽に主人公に不幸が降りかかるのが好きな人にオススメです!!

 

では、みていきましょう!

 

感想

 

神様によって事前に選別された異世界召喚に本来行くべき幼馴染の代わりに主人公は意図せず異世界に落とされてしまったがゆえになんの事前準備もできずに異世界に召喚されてしまいます。

主人公は常に神様によって地球の全人類に放送されている状況で人の目にさらされながら望まない冒険をします。尋常でないストレスの中で強敵やミッションをクリアしたり危機を脱したりするのがハラハラしながら読むことができました!

ものすごい暗い主人公がだんだんと素になっていく様とそれがまた地に落ちる様のシーンがなんとも言えずに印象的です。これからまた喜びとそれ以上の悲しみがあるのか、ないのか、

既に色々フラグは経ってるので回収が楽しみです!あとツインズに駆け引きと掲示板回も読んでて飽きないです!

 

どんな人向けの作品か

 

主人公は何気にモテます。本人は鈍感というか生死をさまよう状況が多いためそんな雰囲気になりずらいですが、好意に気付かなさすぎます!

出てくる女性キャラのほとんど(include リンクス)がヒカルを好きになってます。

なので、主人公が鈍感なハーレム系が好きな人にオススメです。

あとは、良くも悪くは限られた能力の中で戦うのでめちゃくちゃ強いわけではないです。

スッキリ爽快な戦闘シーンを好む人よりは泥臭い戦いが好きな人にオススメです。

個人的には掲示板回があるのでブレイクタイムとして楽しみにしてます。

 

☟こんなのもオススメです。

迷宮と掲示板 の紹介
今回紹介したいのはBさんの小説「迷宮と掲示板」です。 「Bさん」が作家名なんで敬称付けるとBさんさんになるのでBさんとあえて言わせていただきます。 この迷宮と掲示板は2013年に完結している作品です。 2014年には改稿版...
10年ごしの引きニートを辞めて外出したら自宅ごと異世界に転移してた の紹介
今回紹介したいなろう小説はこちらです。 坂東太郎さん著の「10年ごしの引きニートを辞めて外出したら自宅ごと異世界に転移してた」です。 名前からして主人公が残念な感じの想像ができちゃいます。 しかし読んでみると意外でもなく残...

 

あらすじ

 

「私が選んだ1000人に異世界へ行ってもらう」
全世界のディスプレイに現れた神の言葉によりその騒乱は始まった。
幼馴染みが転移に選ばれてしまった黒瀬ヒカルは、彼女が転移する当日、彼女と共に殺害されてしまう。しかし、なぜかヒカルは死なず、権利がなかったはずの『行動のすべてを地球でライブ中継される異世界転移』に選ばれてしまうのだった。
何の準備もなく魔境へと転移させられた彼は、何度も死の危機に直面しながらもギフト闇の精霊術によりどうにか生き残り続けていた。
「死ねない。地球でみんなが応援してくれているはずだから――」
これは、視聴者達の視線に翻弄されながらもやがて前を向き歩き出す、精霊に愛された少年の物語。

 

(出展:https://ncode.syosetu.com/n7820go/)

 

メインの登場人物

クロセ・ヒカル

本作の主人公。ナナミに代わりに突然異世界に召喚されてしまう。

地球では殺される直前だったことからある意味助かったとも言えるが、本人は望まぬ召喚だったこととナナミのことでずっと苦しむようになる。

愛され者で精霊に好かれる。闇の精霊術の使い手。

なぜかモテる。小説だとひ弱な少年だったけど絵師のおかげでイケメンやないかーい!

 

ナナミ

ヒカルの幼馴染。ヒロインのはずがリフレイアにすべてを持っていかれる。

 

リフレイア

聖堂騎士になるために迷宮都市で修行をしていたところでヒカルと出会う。

ヒカルに助けられたことがきっかけでヒカルを意識する。

本作屈指の美女。

 

グレイプフルー

ネコ人。ネコ好きにはたまらない。ジャンヌがモフモフする。

 

セリカ

ヒカルの腹違いの双子の妹の一人。お兄ちゃんっ子。おっとりした性格の天才肌。

異世界言語を自動翻訳するシステムを構築。

 

カレン

ヒカルの腹違いの双子の妹の一人。お兄ちゃんっ子。しっかりものでセリカをサポートする。

マルチリンガルで異世界言語をいち早く翻訳して色々な特許を取得。

お金儲けが得意。

 

ジャンヌ

第二のヒロイン。強キャラでゴリラ並みの力がある。

嫌われ者で精霊が寄り付かない。

 

書籍化とその他の情報

なろうのタイトルに【書籍化&コミカライズ決定しました!】とあるようにGAノベルから書籍が発売します。

以前、新タイトルと称してとても信じられないタイトルになってましたが著者の方が思い直したようで全く関係ないところからではありますが安堵しました。

やっぱりこのタイトルがぴったり作品にあっていると思います。

絵師はNiΘ先生(@damnedrive)になりキャラデザも続々出てきており、みんな魅力的です!

 

まだ表紙ができてないようですが、Amazonさんではすでに予約ができるようです!

気になる方はぜひ!

俺にはこの暗がりが心地よかった -絶望から始まる異世界生活、神の気まぐれで強制配信中-

 

※追加情報があれば追記します!

 

まとめ

いかがだったでしょうか!?

ちょっとネタバレしないように書いたんですが、かなりぼんやりになってしまいましたが、

少しは面白さが伝わりましたか?

とにかくヒカルの妹のツインズが最強ですのでそれ目当てに読むのもいいかもです!

 

今回紹介した「俺にはこの暗がりが心地よかった」はこのリンクから読めますので、

ぜひ読んでみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました