即死チートが最強すぎて、異世界のやつらがまるで相手にならないんですが。 の紹介

ファンタジー

こんばんわ。

今回紹介したい作品は藤孝剛志さんの「即死チートが最強すぎて、異世界のやつらがまるで相手にならないんですが。」です。

しばらくランキング上位に入っていたので知ってる方も多いと思いますが、

かなり不思議な世界観の作品で、

主人公の能力はなろう作品中最強ではないかと噂もされております。

というのも、タイトルを読めばわかると思うのですが、

主人公の能力は「即死」です。

相手を思った段階で即死させる能力で、しかも読み進めると解るのですが、

ホーミング機能があったり、即死能力のレベルがあったりとなかなかのチートぶりで、

これ以上強くして大丈夫か?と読者が心配になるくらい強いです。

 

と、少し説明が長くなりましたが、では、みていきましょう。

 

感想

僕の読んだ感想としては非常に主人公が気になる作品といった感じです。

割と冒頭で説明してしまったんですが、主人公の能力は異世界転生より前からのモノです。(ネタバレ)

そんな危なっかしい能力を持った主人公の精神構造が歪んでないわけがないんです。

その描写を読む作品なのかなと思って読んでいます。

わりと不思議ワールドを展開するので展開に飽きるということはないかもしれないです。

僕はこの作品はストーリーよりは登場人物の心理描写を読むと面白いのかなと思って読んでいます。

 

どんな人向けの作品か

一見すると俺TUEEEな作品かと思うのですが、

わりと繊細な部分も持ち合わせており、「リゼロ」とか好きな方にも向いてるのかもしれないです。

主人公は未成年で出てくるキャラも未成年ばかりで結構単純な考えを持ってる人が多いですが、

なろうでは良くあることなので、

それよりも重要人物がバンバンなくなっていく展開が好きな人にはオススメです。

マンガだと鬼頭莫宏さんの「なるたる」とか「ぼくらの」とかアニメの「コードギアス」の谷口監督みたいな作品が好きな人向けかなとも思っています。

 

☟こんなのもオススメです。

俺のメガネはたぶん世界征服できると思う。 の紹介
小説家になろうの連載中の小説「俺のメガネはたぶん世界征服できると思う。」の紹介です。 なにを読むか決めかねてるなら参考にしてください。
魔王学院の不適合者 ~史上最強の魔王の始祖、転生して子孫たちの学校へ通う~ の紹介
小説家になろうの連載中の小説「魔王学院の不適合者 ~史上最強の魔王の始祖、転生して子孫たちの学校へ通う~」の紹介です。 なにを読むか決めかねてるなら参考にしてください。

 

あらすじ

成長チート? 無限の魔力? 全属性使用可能? そんなもの即死能力で一撃ですが?
本当に最強なら、戦いにすらならない! 全ての敵が即死する、超お気楽異世界召喚コメディ!

修学旅行中の高校生、高遠夜霧が目覚めると、乗っているバスがドラゴンに襲われていた。
バスに残っているのは夜霧と、パニックになっている美少女、壇ノ浦知千佳だけ。
どうやら異世界に来てしまったようで、わけのわからないままいきなり危機的状況に陥った夜霧。
だが夜霧は、この世界の基準では計れないほどの力、《即死能力》を持っていた!

 

(出展:https://ncode.syosetu.com/n5691dd/)

 

メインの登場人物

 


  • 高遠夜霧
    (たかとおよぎり)

    主人公コンビの一人。
    高校二年生。
    常にやる気なさそうな感じで
    学校では寝てばかりいたが、
    真剣な表情をすると、
    意外とイケメン。
    この世界特有の力《ギフト》の
    インストールは受け付けなかったが、
    元の世界にいた時から
    《即死能力》を持っていた。
    別名ΑΩ(アルファオメガ)。


  • 壇ノ浦知千佳
    (だんのうらともちか)

    主人公コンビの一人。
    高校二年生。
    夜霧のクラスメイト。
    見た目は美少女で胸も結構大きいが、
    言動で残念がられている
    ツッコミ担当。
    夜霧と同じく《ギフト》の
    インストールは受け付けなかったが、
    壇ノ浦流弓術という弓術から
    派生した古武術を習得している。


  • 壇ノ浦もこもこ

    知千佳の先祖で背後霊。
    平安時代の幽霊で、
    壇ノ浦流弓術中興の祖……らしい。
    知千佳の姉にそっくりな容姿をして
    おり(かなり太っている)、
    衣装は白い狩衣っぽい着物を
    着ている。
    なにげにデジタルテクノロジーに
    精通している。


  • 高遠朝霞
    (たかとおあさか)

    難航していた就職活動中、
    『独立行政法人高次生命科学研究所』という
    怪しげな研究所の面接を受け、
    そのままなし崩し的に
    就職してしまった女子大生。
    長い髪を普段は後ろでまとめて
    一括りにしている。
    就職先でΑΩと出会い、
    夜霧と名付けた。


  • 二宮諒子
    (にのみやりょうこ)

    夜霧たちのクラスメイト。
    実は夜霧を隔離していた
    『研究所』から派遣され、
    夜霧の監視任務についていた。
    スマホに夜霧の監視ツールが
    インストールされている。
    元の世界では忍者だが、
    こちらの世界でのクラスはサムライで、戦闘時は羽織袴に二本差し。


  • キャロル・S・レーン

    夜霧たちのクラスメイト。
    高校入学に合わせて日本に
    やってきたアメリカ人。
    諒子と同じく夜霧の監視任務についていたが、所属は『機関』。
    こちらの世界でのクラスはニンジャで、戦闘時は赤いニンジャ装束を着て額当てを着けている。武器は忍者刀。


  • 篠崎綾香
    (しのざきあやか)

    夜霧たちのクラスメイトで、
    囮として置き去りにされた
    メンバーの一人。
    ドラゴンに襲われて一度死んだが、実は人造人間だったため再起動する。
    さらにドラゴンの肉を摂取したことで竜魔法を使えるようになり、その力でクラスメイトたちに復讐を始める。


  • 花川大門
    (はなかわだいもん)

    夜霧たちのクラスメイト。
    以前も召喚されたことがあり、
    回復術士(ヒーラー)としては
    最高レベルの九十九だが、
    これは人間としての種族限界で、
    この世界ではそれほど強くはない。
    小太りなオタクで、
    ござる口調で喋る。
    それとは別に、性癖がキモイ。


  • 賢者シオン

    夜霧たちのクラスをバスごと
    この世界に召喚した賢者。
    見た目は二十歳程度。
    白いドレスを着ているが
    魔法少女のコスプレのように見える。
    自身も昔召喚されて
    冒険の末賢者になったのだが、
    絶大な力を持った影響で
    感性がズレてしまっている。


  • リズリー

    オリジンブラッドと呼ばれる最上位の吸血鬼でもあった賢者レインが、
    死ねない自分を殺してくれることを夜霧に期待して戦いを挑み、
    望みどおり死んだ後、自分の理想とする姿に調整して残した、複製の少女。
    レインの記憶は一部しか受け継いでいない。


  • エウフェミア

    夜霧たちのクラスメイトの
    橘裕樹に隷属させられていたが、
    裕樹が夜霧と敵対して死んだ後、
    レイン眷属にされ、
    レインの死後は後継者争いで
    勝ち残ってオリジンブラッド
    になった、半魔の少女。
    さらにその後、リズリーを主と認め、従者となっている。


  • テオディジア

    エウフェミアの姉。
    橘裕樹が半魔の里を襲撃した時は
    里を離れていた。
    壊滅していた里に戻った後、
    妹を捜すために聖王の騎士選抜の試練に参加して、夜霧たちと知り合う。
    塔での騒動が終わった後、夜霧たちから得た情報を頼りに、再び妹を捜す旅に出た。

    (出展:https://www.es-novel.jp/booktitle/32sokushicheat4.php)

書籍版よりお借りしています。

 

書籍化とその他の情報

上記で書いておりますが、アース・スターノベルから書籍版が発売しております!

現在は最新刊6巻が発売中です!

1巻

最新刊

 

その他にコミックスが発売中です!

こちらは書籍版の系列のアース・スターコミックから発売中です!

こちらは2巻まで出ているようです!

また、例のごとくコミックス版は下のホームページで立ち読み可能です!

即死チートが最強すぎて、異世界のやつらがまるで相手にならないんですが。-ΑΩ- | コミック アース・スター
コミック アース・スター

ぜひ見てみてください。

(余談中の余談かもしれないですが、ニコニコ動画のニコニコ静画でも見ることができるみたいです。ログインしないと見れないです。夏野さんなんとかしてください~。)

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

かなりキワモノ主人公ですが、ストーリー全体の重い感じと1話ごとの軽い感じがまたアンバランスで面白いと思います!

 

今回紹介した「即死チートが最強すぎて、異世界のやつらがまるで相手にならないんですが。」このリンクから読めますので、ぜひ読んでみてください。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました